本ページはプロモーションが含まれています

動画配信

阿部寛の若い頃のモデル時代を画像と共に成功の秘訣に迫る!俳優になる気はなかった?

阿部寛さんといえば、今や日本を代表する俳優の一人。60歳を目前にしても、ドラマや映画、CMなどでそのシブくてカッコいい姿を見せてくれます。

でも、阿部さんは21歳の大学生の時にモデルとして芸能界デビューしてたのをご存知の方って少ないのでは?なんて思ったりします。

管理人Rさん
今でこそ、イケオジという感じですが、若い頃のモデル時代は本当に爽やか&イケメン

ということで今回は、阿部寛さんの若い頃のモデル時代について画像を交えながら振り返り、そのカッコ良さとキャリアに迫っていきます

〈スポンサーリンク〉

阿部寛のモデル時代①:集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞に優勝

阿部寛さんは中央大学理工学部に通っていた理系学生でした。姉に勧められて優勝賞品である車ほしさに集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募し、見事優勝しました。

これがきっかけで、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして1985年頃から活躍するようになりました。

189cmという日本人離れしたその抜群のプロポーションと「ワイルド」な雰囲気で人気を博しました。当時の阿部さんは、まだ大学生とは思えないほど大人びた貫禄が感じ取れます。

阿部寛はこのコンテストで優勝したことを「運命的な出来事」と後に語っています。

というのも、当時は就職活動もしていたそうですが、「自分がやりたいことが見つからなかった」と話されてます。しかし、このコンテストで注目されるようになり、「自分がやりたいことはこれだ」と気づいたそうです。

また、このコンテストでは一か月に4000通ものファンレターが届いたそうです。その中には「結婚してください」というプロポーズもあったそうですが、阿部寛は「全部読んだけど、全部返信したら破産するからやめた」とのこと。

管理人Rさん
当時から、これだけ恵まれた容姿とスタイルですから、世の女性がハマる理由もわかる

阿部寛さんは1985年から約3年半の間に、『メンズノンノ』の表紙を43回連続で飾りました

 

〈スポンサーリンク〉

阿部寛のモデル時代②:笑っていいともや映画『はいからさんが通る』に出演

阿部寛はモデル時代の1987年に『笑っていいとも』の「いい男さんいらっしゃい」というコーナーに出演タモリから「俳優やったら?」と勧められるも、当時はまだその気はなく、普通に就職活動をしていました

しかし、すでにモデルとして有名人だった阿部寛は、就職試験を受けるたびに断られ、それを機に、本格的に俳優の道に進むことを決めました。

管理人Rさん
実質、タモリさんがきっかけで俳優の道目指した、といっても過言ではないですよね

同年1987年、映画『はいからさんが通る』で俳優デビューを果たしました。

当時人気絶頂だった南野陽子と恋人役で共演し、大抜擢とも言えるデビュー作でした。

この作品では、作品見ると分かるんですが、阿部寛さんの声は今より低くなく、今の阿部さんしか知らない人は、かなり違和感を感じるはずです。

阿部寛はこの作品での共演を「夢のような体験だった」と振り返っています。

なぜかというと、南野陽子は阿部寛の大ファンだったそうで、サインをもらったり、一緒に写真を撮ったりしたそうですが、阿部寛は「彼女は本当に素直で優しくて、僕にとっては憧れの存在だった」と、じつは阿部さんも南野陽子のファンだった、このことから”夢のような体験だった”と振り返ったみたいです。

〈スポンサーリンク〉

阿部寛のモデル時代③:ドラマ『風に恋して』や『俺たちの時代』などで活躍

それから阿部寛さんは俳優として次々と作品に出演し、その存在感を示しました。1989年には松田聖子と共演したドラマ『風に恋して』で一時の恋物語を演じトレンディー俳優として人気者に。

同年、田原俊彦や秋吉久美子らが出演するドラマ『俺たちの時代』では、広告代理店業界を舞台にした物語で同僚の先生役を演じました。

管理人Rさん
この頃から阿部寛の声も今より低くなり、その顔の濃さと渋さがだいぶ増していった印象です

1990年には山瀬まみ主演の学園ドラマ『愛してるよ!先生』では教師役を演じました。この作品では、阿部寛の先生役デビューでもあります。

阿部寛はこの頃の作品で、「二枚目」から「三枚目」へとイメージチェンジを図りました。彼は「二枚目だけでは食べていけないと思った」と言います。また、「自分がやりたいことはコメディだった」とも語っています。

その後も、阿部寛は様々なジャンルの作品に挑戦しました。時代劇やサスペンス、ミステリーやヒューマンドラマなど、幅広い役柄をこなしました。特に、2000年から始まったドラマ『TRICK』では、仲間由紀恵と共演し、自身のモデル時代の写真を自虐ネタとして多用するなど、徹底して三枚目の役を演じました。

管理人Rさん
この役で阿部寛さんを知った方も多いと思いますし、何よりあのキャラクターにハマる人続出。

 

⇒今すぐAmazonPrimeで「TRICK」を視聴する!

 

阿部寛のモデル時代と現在の姿を比較してみると、その変化や成長が見て取れます。若い頃はワイルドでクールなイメージが強かった阿部寛さん。

現在は温厚でユーモラスなイメージを持つ方のほうが多いのではないでしょうか。

自身の変化については、「歳を重ねるごとに自分に自信が持てるようになった」と言います。また、「自分がやりたいことをやってきたから、今がある」とも語っています。

〈スポンサーリンク〉

おわりに

以上、阿部寛の若い頃の代表的な活動歴などをまとめてみました。

  • 阿部寛さんは元々はモデルとして活躍してたが俳優にはなろうとは思ってなかった
  • 俳優になるきっかけを作ったのはタモリさん
  • 阿部寛、成功の秘訣はイメージチェンジ
  • 二枚目から三枚目まで役をこなせる俳優さんはそう多くない

これからも色んな役と演技で、われわれ視聴者を驚かせてほしいですね。

〈スポンサーリンク〉
〈関連記事(広告含む)〉

-動画配信
-, , ,

Copyright© ヘルシピ , 2024 All Rights Reserved.