エンタメ(人物)

奥菜恵のオッドアイについてどこがの声!わかりやすい画像はある?

2017年9月12日

インスタより

 

最近ちょくちょくとメディア復帰しつつある女優の奥菜恵さん。私生活がミステリアスな女優として再び脚光を浴びつつあるようですが、検索ワードにあるオッドアイ、これが個人的にとても気になってます。

 

「そもそも、オッドアイって何?」

と初めて聞いた言葉の人もいるかもしれません。

本日はこのオッドアイとはなんなんのか、また、奥菜恵さんのオッドアイを画像とともにまとめてみました。

〈スポンサーリンク〉

 

オッドアイについて

 

左右の眼で虹彩の色が異なる、もしくは、一方の瞳の虹彩の一部が変色する形質のこと。

引用元:https://ja.wikipedia

まず、オッドアイとは日本語で虹彩異色症(こうさいいしょくしょう)という症状のことを言います。

先天性がほとんどで、後天性はほぼないのかな?生まれた時から発症してるケースがほとんどのようです。

 

簡単に言うと、オッドアイとは左右の眼の色が違うことを指すようです。

下の画像のような感じです。

画像キャプチャ

 

めちゃめちゃ綺麗ですよね。映画やゲームの世界に出てきそうなイメージ。

このオッドアイについて画像検索してると、ネコの画像が多く、調べてみるとオッドアイを発症するケースは人よりもネコや犬のような動物の方が発症しやすいみたいです。

とくに白猫。

ツイートにも記載されてますが「幸運を運んでくる猫」と言われてるようで、色の組み合わせは、片方が青色で、もう片方が橙色、黄色、茶色、緑色のどれかであることが通常だとか。

で、この猫ちゃんのケースだと「青色の眼のそばの聴覚に障がいを持つことがある」とのこと。

青色の眼、限定で3割〜4割の確率で聴覚障がいが発生するようです。

人のオッドアイでも障がいはでる?

調べてみるとオッドアイで聴覚障がいが出てる人もいるみたいなのは間違いないのですが、さきほどお伝えした猫の特徴が必ずしも人にも当てはまるとは言えないみたいです。

この症状は人種で調べると白人の方に多く見られるようで、約0.06%の確率といわれてる珍しい症状。

ただ、黄色人種ではその確率よりも低く、約0.01%くらいではないかと言われてるそうです。

かなりレアな症状だということが分かります。

なので、オッドアイはこれだけレアな症状なので、はっきりとした事が言えないのが現状なんだと思います。

海外ドラマ24で有名な「キーファー・サザーランド」や映画ロード・オブ・ザ・リング主演の「イライジャ・ウッド」などもこのオッドアイの持ち主なんだそうです。

イライジャ

そして、日本の芸能人というくくりで調べてみたところ、奥菜恵さんだけがオッドアイの持ち主なんだとか。

〈スポンサーリンク〉

奥菜恵ってオッドアイなの?分かりやすい画像で調べてみたけどどこが?という声続出!!

画像キャプチャ

オッドアイについてはなんとなくでも理解して頂けたかと思います。

  • 左右の眼で虹彩の色が異なる症状のこと
  • 人よりも犬、猫のほうが発症しやすい
  • 白人の方に多い
  • 黄色人種の確率は約0.01%

奥菜恵さんもオッドアイの持ち主だということらしいのですが

そう、分かりづらいんです。

我々日本人のほとんどの眼の色はブラウン。

ブルーだったりイエローだったりと、はっきりとしたオッドアイなら分かりやすいんですが分りにくいんです。

その為

「どこが?」

と、本当にオッドアイなのかと疑う声も。

皆さんにとわかりやすい画像探してみましたが、よ~く見てみると確かに右の眼の色が薄く見えます。

画像キャプチャ

左は半分が黒く、もう半分は薄い?

インスタより

 

分かりやすい画像が確かにない。

ないんですが、遠目で見ると、左右の眼の色の違いが分かりやすいかもです。

画像キャプチャ

 

いろいろ分かりやすそうな画像を調べてみたんですが、これらで限界ですかね。

でも、確実に左目の色が違うということはお分かりいただけたかと思います。

また両眼とも透き通るような薄いブラウンベースで、これだけでもレアなケースかと思いました。

 

奥菜恵さんの場合だと気づきにくいためそうでもないと思いますが、白人の方なんかだと幼少期に限ってだと思いますが、気味悪がられたりいじめられたりと、そんなケースもあるようです。

個人的な意見を言わせてもらえば強烈な個性。羨ましい感情の方が強いですね。かっこよくないですか?

まとめ

ということで奥菜恵さんのオッドアイについてまとめさせて頂きました。

  • 奥菜恵さんは間違いなくオッドアイ
  • 画像をよくみると左目の色が違う
  • オッドアイだからといって聴覚などに障がいがでるとは限らない

また分かりやすい画像などありましたら追記させていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

〈スポンサーリンク〉
〈関連記事(広告含む)〉

-エンタメ(人物)
-, ,

Copyright© ヘルシピ , 2020 All Rights Reserved.