エンタメ(人物)

永野芽郁の子役時代はどのドラマに出演してた?ちびまるこちゃんは別人?

 

永野芽郁さんって子役時代から数多くの作品に出演されてたの知ってましたか?

意外と下積み時代が長く脇役が多かったのですが、ずっと売れてるイメージだったので驚きました。

ということで、永野芽郁さん子役時代の出演ドラマや映画の情報などまとめていきたいと思います

〈スポンサーリンク〉

永野芽郁の子役時代はどのドラマに出演してた?

子役時代に色んなドラマに出演されてたみたいですが、そもそも、いつ・どのように芸能界入ることになったのか皆さんご存知ですか?

  • 芸能界に入るきっかけは小学3年のとき買い物中にスカウト
  • 2009年に映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役デビュー
  • ドラマデビューは2010年「ハガネの女」

てっきり雑誌のモデルが芸能界のスタートなのかと思ってたんですが、「ニコ☆プチ」「nicola」などのモデルビューより役者のほうが早かったとは。

子供時代も今と変わらないこのビジュアルですからね。 たしかにスカウトされますよ。

その後、2009年4月からBSフジで放送されてた「We Can☆47」という子供番組に出演し、2年間We Can☆Girlsという番組で結成されたグループで活動してたそうです。

このくらいの年齢の女の子って、アイドルとかキラキラしたものに憧れますから、もしかしたらアイドル的なものに憧れあったかもしれませんね。

 

そしてこちらが2009年7月、映画デビュー時の永野芽郁さん。

映画で子役デビューした当時10歳くらいですか、ドラマより映画が先にデビューって珍しいですよね?

また、大人っぽく見えますね。とにかく可愛すぎてキュン死してしまいそう。

 

 

そして2010年の5月には哀川翔さん主演の映画「ゼブラーマン-ゼブシティの逆襲-」に出演。

この当時このゼブラーマンって話題になってまして、うっすらなんですが番宣などに一緒に出てた女の子覚えがあるんですよね。でも、その女の子がまさか永野芽郁さんだとは思いもしませんでしたが。

 

子役時代のドラマ一覧!

そして待望のドラマデビュー

2010年6月の吉瀬美智子さん主演「ハガネの女」にてドラマデビューを果たします。

これまた当時バナナマンの設楽さんが出演ということで、このドラマ見てたんですが全く知らなかったです。

といっても、吉瀬さん演じる芳賀稲子という役の回想シーンで1話だけ出演みたいな感じだったらしいので、気づかなくてもおかしくはないか。

 

2011年1月に時々迷々というEテレの子供番組で主演

 

2011年8月にもEテレのABUアジア子どもドラマシリーズ 「遠足」に出演。

 

そして子役時代の最後のドラマ出演が、2011年9月「ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011」

これが永野芽郁さんの子役時代(小学生)の出演作品になってます。

永野芽郁さんに子役というイメージが全くなかったので調べてて驚きの連続です。絶対ほん怖とか見てましたが、全然ですもん記憶(汗)

 

ちなみに皆さんはどの作品で永野芽郁さんを知りましたか?

自分の記憶では初めて見たのが「いつ恋」だと記憶してます。有村架純さんが働く介護施設の同僚みたいな役。かわいいな〜って調べた記憶があります。

そして「僕たちがやりました」「半分、青い」「3年A組」といった流れですかね。

そう考えると、主役級の役ってデビューしてからだいぶ経ってるんですね。ずっと主役の印象しかなかったので、ちゃんと苦労して頑張ってきたんですね。

ますます好きになりそうです!

〈スポンサーリンク〉

ちびまるこちゃんは別人?

 

ちなみに、子役時代に実写版の「ちびまる子ちゃん」に出てた!?みたいな話があるんですが、ちびまる子ちゃんには出演してません。

言われて見ると似てるのかな〜?って感じなんですが、こういう風に「永野芽郁に似てる」と勘違いから広まった話みたいなので、永野芽郁さんとは別人で「森迫永依(もりさこめい)」さんと言う方です。

顔もそうですが名前込みで絶対に勘違いされてますよね(汗)

  • もりさこえい
  • ながのめい

いだけしか合ってませんが、えいとめい似てますもん。

以上永野芽郁さんの子役時代についてまとめさせて頂きました。

  • 子役時代から数多くのドラマや映画に出演してた
  • ずっと売れてる印象だったけど下積み時代は意外と長かった
  • 結論、永野芽郁はかわいい!
〈スポンサーリンク〉
〈関連記事(広告含む)〉

-エンタメ(人物)
-, ,

Copyright© ヘルシピ , 2021 All Rights Reserved.