エンタメ(人物)

松たか子は若い頃から可愛い!皆におすすめしたい昔の出演作品5選!

2021年4月5日

松たか子さんって若い頃から変わらないというか、綺麗というより可愛いという印象を持たれてる方が多いと思います。

2021年44歳を迎える年齢で6歳のお子さんがいますが、まだまだ可愛いが強いです。

松たか子さんをあまり知らない世代にも知ってほしいということで、若い頃からの活躍とともに、個人的におすすめしたい出演作品5選ほど紹介していきたいと思います。

〈スポンサーリンク〉

 

松たか子は若い頃から可愛い!

松たか子さんのデビューは1993年

  • 16歳の時に舞台デビュー
  • 翌年17歳の時にNHKの大河ドラマにてTVデビュー

皆さんご存知の通り、父に松本幸華さんを持ち、兄が松本幸四郎さんと歌舞伎一家に生まれ、93年〜95年位までは主に舞台を中心に活動してました。

デビュー当時、堀越学園に通ってる時に撮られた姿がこちら。

 

松たか子さんの制服姿ときたら可愛さ炸裂。

若い頃から顔が出来上がっており、スクープされた雑誌の見出しには「超A級お嬢様女優の通学ショット!恋人にしたいッ!」などと、ちょっと小恥ずかしい感じの見出しですが、おおげさではなく恋人にしたいッ!

 

 

その後、96年に人気ドラマ古畑任三郎のシーズン2に犯人役ではないものの出演・話題を集め

 

同年96年に、ドラマ「ロングバケーション」出演で一躍女優としてブレイクといった感じでしょうか。

 

女優として演技の評価も高く、世の中には数々の二世と呼ばれる俳優・女優さん沢山いますが、松たか子さんは親の七光を感じさせない女優の1人だと確信しております。

可愛いだけで通用する世界ではないですからね。

それから数々のヒットドラマに出演し、今の活躍にいたります。

 

皆さんの印象に残ってる・好きなドラマってなんでしょうか。自分はダントツでこの作品。

これを見ればさらに松たか子さんを好きになるであろうおすすめ作品を5選ほど紹介したいと思います。

この時の可愛さたるいなや、透明感にやられること間違いなしです。

 

〈スポンサーリンク〉

 

松たか子出演のおすすめ5作品はこれ!

松たか子さんの代表作と言えばドラマ「HERO」などがいち早く頭に浮かぶ方多いと思うんですが、可愛さを知る上で個人的にどうしてもおすすめしたい作品が1つあり、そのため1つじゃ少ないかなと思ったので5作品ほど選出させて頂きました。

 

四月物語

 

こちらは1998年公開の岩井俊二作品の映画「四月物語」

松たか子さんが21歳の時の作品で、なおかつ初主演の映画です。

だいぶ時を経てこの作品を見たんですが、松たか子さんに恋をすること間違いなしです。

そのくらいこの作品では松たか子さんの透明感に魅了され、そしてこの作品で女優としての原点を知った気がしました。これをどうしても紹介したかったんです。

■あらすじ

東京武蔵野にある大学に入学するため、北海道から上京した楡野卯月(松たか子)。おとなしい性格の彼女は、新しい友達や刺激的な環境に戸惑いながらも、自分らしく大学生活を楽しんでいた。実は卯月がこの大学を選んだのには、本人曰く“不純な動機”があったのだ。卯月の知られざる小さな冒険が始まる。

 

あらすじを見てお分かりの通り、何気ないストーリーなんですが、今心がすさんでる方居たら今すぐ見てほしい。きっと、心が浄化されるはず。

そのくらい松たか子さんのピュアな演技に引き込まれると思います。

 

またこの映画、1時間弱という尺の長さなので時間も取らないですし、女優としての原点を知ってほしいということから、一番におすすめしたい作品になります。

ここから女優としての人生始まったんだな〜と、本当に感じさせられる作品です。

ロングバケーション

 

言わずとしれた不動の名作ドラマ「ロングバケーション」

1996年に放送されたこのドラマ、最終回の瞬間最高視聴率は43.8%という記録を持つ、今では考えられないモンスター級のドラマです。

ロンバケというと、木村拓哉さん山口智子さんが主役なので必然的にこの二人のドラマになると思うんですが、忘れちゃいけない松たか子さんの可愛さたるやいなや。

ていうか、竹野内豊・稲盛いずみ・りょうさん・広末涼子とキャスト陣が凄すぎですよね。キムタクと竹野内豊、今後共演の可能性はあるんでしょうか?ってくらい激レア。

ロンバケ出演当時の松たか子は19歳ですからね。

当時の姿は今よりふっくらとした印象を受けますが、本当可愛いと思います。

ひとつ屋根の下2

こちらも名作中の名作ドラマ 1997年放送のドラマ「ひとつ屋根の下2」

ひとつ屋根の下ではなく「2」ですからね出演されてるの。

よく懐かしのドラマでプレイバックされますが、大抵「ひとつ屋根の下」の頃のVTRで2ではないんですよね。

なので、見たはずなのに出演してることすっかり忘れてました。

パッケージのスカジャン姿が印象的で、作品ではおてんば娘みたいな役どころでしたが、本心は心優しい女の子。

自分と同じように、

出演してること忘れてるかた多かったりして。

〈スポンサーリンク〉

夢売るふたり

ここからは可愛い松たか子というより演技という部分で見てほしい作品です。

2012年に公開された映画「夢売るふたり」

 

■あらすじ

小料理店を営む夫婦が火事で店を失い、再び店を構えるという夢を叶えるために独身女性をターゲットに結婚詐欺を繰り返す姿を描いた作品。

 

映画コメンテーターの方が絶賛されてたことでこの作品を知ったのですが、松たか子の演技力に圧巻。

こちらの映画はR15+指定なんですが、それもそのはず。

ここまでやるか、と思うほど強烈なシーンの連続。「女優として一皮むける」という言葉がピッタリで、ロンバケ、HEROなど、人気ドラマの松たか子しか知らない方は心の準備が必要ですよ。

兎にも角にも見てほしい作品です。

告白

最後は可愛いの印象を削ぎ取られてしまった2010年の映画「告白」という作品。

■あらすじ

本屋大賞に輝く湊かなえのベストセラー小説を、独創的な映像感覚と確かな演出力を持つ天才・中島哲也監督が映画化。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白からはじまり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される物語は、虚実入り混じり、驚愕・戦慄・唖然の連続。

賛否両論ある作品でめちゃくちゃ話題になりましたよね。

原作を知らない自分にとっては衝撃的な作品で、松たか子さんの印象がガラッと変わってしまいました。(いい意味で)

作品で浮かべる笑みは戦慄的。

松たか子さんのおすすめ作品の一つとして多くの方が「告白」を挙げられるので、松たか子さんの魅力に気づいてまだ日が浅い方がいましたらぜひ一度ご覧ください。

松たか子のイメージがきっと変わります(いい意味で)

 

以上、松たか子さんの魅力が詰まった作品など紹介させて頂きました。

松たか子さんの作品って個人主観ですが基本ハズレがないと思うので、どの作品見ても魅力されるものばかりなので、特に紹介させて頂いた作品見てないのであればこの機会にぜひご視聴ください。

〈スポンサーリンク〉
〈関連記事(広告含む)〉

-エンタメ(人物)
-, ,

Copyright© ヘルシピ , 2021 All Rights Reserved.